防災対策ブログ

『防災』を広める。防災・減災・事業継続計画(BCP)・地震・台風・災害関連ニュース・防災グッズに関するトピックのまとめ

防災グッズを買うタイミングについて考える

防災グッズを買うタイミングは悩ましい 

f:id:bousaidou:20181013090658p:plain

最近の地震や台風の襲来を受けて防災グッズの購入を検討している方も多いと思います。しかし、防災グッズの必要性は理解しつつも次いつ来るか分からない災害に備えて出費をすることに二の足を踏むこともあると思います。

そこで 今回は防災グッズを買う適切なタイミングについて様々な面から考えてみたいと思います。 

防災バッグとして一般的に必要そうなもの

防災グッズとして消防庁が公式ホームページで「非常持ち出し袋には、最低これだけは必要」としているものが以下の物品になります。

f:id:bousaidou:20181003202346g:plain 

 

 ex.
  ・飲料水   ・食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
  ・貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
  ・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
  ・ヘルメット、防災ずきん ・マスク ・軍手・懐中電灯
  ・衣類 ・下着 ・毛布、タオル ・携帯ラジオ、予備電池
  ・使い捨てカイロ ・ウェットティッシュ ・洗面用具
※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。

引用元:総務省消防庁HP

今回はこれらの非常持ち出しグッズに加え、 家具転倒防止伸縮棒などの耐震補強などの面で使える減災グッズなども扱います。

タイミングの判断基準

タイミング判断基準①:価格から考える

安いものは即買う
高いものは計画的に買う

価格が安いものは即買いましょう。非常持ち出し袋に入れるグッズの中でも100均で買える「軍手」や「ウェットティッシュ」、どこでも買える「缶詰」や「水」は味や品質にこだわらなければ安価で買えます。安いものについては悩む時間が勿体無いです。すぐに買いましょう。

f:id:bousaidou:20181003215233p:plain

一方で、ラジオやヘッドライト、リュックサックといった高い物は計画的に考えてから買いましょう。急いで買おうとすると機能的に全然ダメなものを買ってしまったり、高値づかみしてしまうこともありえます。 

f:id:bousaidou:20181003213312p:plain

タイミング判断基準②:既に持っているかどうか 

いま持っていない物は早めに買う
既に持っている物の買い替えは急がない

 例えば、スマホのモバイルバッテリーです。モバイルバッテリーは被災時に有ると無いでは天と地ほどの差が出ます。なので持っていない人は最優先で買うことを検討しましょう。
一方で低スペックなものであったとしてもモバイルバッテリーを既に持っている人にとってはそれほど急ぐ必要は無く、余裕がある時やより良い商品が見つかった時、Amazonタイムセールで安くなっている時に買うという心構えでよいかもしれません。 

家具転倒防止器具も同様に、現在既にL字金具などで何らかの対策を行えているのであれば優先度は低く、まった対策していないのであれば優先度は高くなります

アイリスオーヤマ 防災グッズ 家具転倒防止伸縮棒 ML 高さ50-80cm ホワイト KTB-50 2本入

アイリスオーヤマ 防災グッズ 家具転倒防止伸縮棒 ML 高さ50-80cm ホワイト KTB-50 2本入

 

 

タイミング判断基準③:災害の発生との兼ね合い

地震が起きたあと

大きな地震の発生直後には大きな余震が相次ぎます。また2016年熊本地震の様に本震だと思っていた地震が実は前震で、数日後にもっと大きな本震が起こるというパターンもありえます。

なので大きな地震が起こった後には更に大きな地震があとに控えていると考え、防災グッズを買って備蓄しましょう。

f:id:bousaidou:20181003211843p:plain

台風到来の前

現在台風の到来はかなりの精度で予測可能です。メディアや官公庁も積極的に情報発信しているので天気予報の情報を見逃さなければ台風到来前に買い物に行って準備することが十分可能です。

そこで被害が予測できる台風対策では、壊れる前に補強しておくという減災の発想が重要となります。壊れるリスクと壊れたときのコストと対策を行うコストを比較し、費用対効果が高いと考えられる場合は優先的に買っていきましょう。

f:id:bousaidou:20181003003400p:plain


 

タイミングの判断材料

Amazonの価格推移を分析する

PCで検索する用

Amazonで売られている商品の価格の推移を簡単に調べるツールとしてKeepaーAmazon Price Tracker」があります。これを使うことで過去の価格推移が分かりますので、うまく使えば品物を高値づかみをしてしまう可能性は減ります。 

www.atoshira.com 

 スマホで検索する用

一方スマホの場合はAmazon Price Trackerは使えないので、代わりに「モノレート」というサイトを通して検索することで価格推移を調べることが可能です。 

モノレート | アマゾンのランキング・価格推移・価格比較を、お買い物の前にチェック!

f:id:bousaidou:20181003214239p:plain

Amazon価格の推移を見る上でのチェックポイント!

過去1年から6ヶ月分のデータを見て、今がどのところらへんの価格帯であるのかを考えましょう。今がもっとも高い場合はとりえず今は買わず、他の物を検討するといった考え方がよいでしょう。

「災害発生直後は入手困難になるもの」は買える時に買っておくのが良い

災害が起こった後で値段が上がって入手困難になるものとしては「発電機」があります。今年は大阪北部地震から西日本豪雨、北海道地震、台風21号襲来があり、発電機を買いたいという需要に対して生産が間に合っていない様です。この様に、防災グッズはいざという時に買えないかもしれないという点も考慮して余裕を見て買い揃えていきたいところです。 

ホンダ(Honda) 発電機 エネポ EU9iGB 900VA

ホンダ(Honda) 発電機 エネポ EU9iGB 900VA

 

まとめ

安いものは即買う
高いものは計画的に買う


いま持っていない物は早めに買う 
既に持っている物の買い替えは急がない


地震が起きた後
台風到来の前

今回は防災グッズを買うタイミングについて考えてみました。

 最後に、「必要性を感じたときが一番の買い時」という考え方もあります。そしてもし衝動的に防災グッズを買って、それが結果的に失敗した買い物となっても、それはそれで学びにつながります。経験を買うという考え方です。その様な商品選びでの学びも含めて、万が一の備えである防災グッズを準備していきましょう。